MENU

リフォーム工事では、最初から最後まで予定通りに工事が終わることは、むしろ稀です。
大半の工事は途中で追加工事が発生したり、仕様が変更になったりします。

 

工事店の場合は、職人自らがお客様を担当しますので、こういった変更にも瞬時に対応できますし、
職人に対する指示も的確で、工事の進行もスムーズです。

 

しかしリフォーム営業会社の場合は、
「顧客⇔営業マン⇔現場管理⇔職人」
という、まるで伝言ゲームのようなやり取りになってしまい、情報伝達の齟齬によるトラブルが多発します。

 

また、若い営業マンは年季の入った職人には頭が上がらないので、お客との板挟みになってまともな対応ができないケースも少なくありません。

 

加えて、リフォーム営業会社と下請け工事店では、
どうしても元請けの営業会社の立場が強くなります。
このため、リフォーム営業会社が無理な値引きで契約をもぎ取ってきた場合には、それが下請け業者を直撃して、手間や材料の切り詰めをせざるを得なくなってしまいます。
これが手抜き工事につながっている例もよくあるのです。

 

逆に、リフォーム営業会社のメリットとしては「サービス」があります。
担当の営業マンが一緒にメーカーのショールームを案内してくれたり、こまめにお礼の葉書を送ってくれたりと、何かと気持ちのいいサービスをしてくれるでしょう。
こうしたサービスに、工事店の提案力、技術力、価格を上回るメリットがあるかどうかは、消費者の判断になります。