MENU

極端な話、リフォーム代金を極限まで安くするなら、キッチンそのものをホームセンターなどで買ってきて、
自分で調べた各種職人にそれぞれ発注して、現場管理も自分でやってしまえばいいのです。

 

しかし職人間の日程の調整や、指示をしながら現場を管理するのは一般人ではまず不可能です。
予定の時間が狂って職人に無駄足を踏ませてしまったら、仕事を全くしていないのに出張費がかかってしまいますし、
工事完了後に床の傷を発見してとしても、どの職人が傷をつけたのか特定できないために、結局その補修費用も自分で負担しなければならなくなります。

 

工事後にしばらくして水漏れが起こったとしても、その責任が設備職人にあるのか、キッチンの取付業者にあるのか特定できなければ、この修理も自己負担となって、結局余計に費用がかかってしまうかもしれないのです。

 

こういった心配事や現場管理に必要な時間や手間を考えると、結局現場管理費を払って一社にまるごと任せるほうが得策なのです。
ですから、最近よく耳にするようになった「お客様の現物支給による分離発注」は一見するとお得なように感じますが、トラブルが多いためオススメはできません。

 

このように考えると、工事店の中間マージンも、仕事に見合った適切な利潤とかんがえられるのです。