MENU

リフォーム業者は無数にありますが、
大別すると次の3つになります。

 

@職人さんが経営する個人店
A工事店(工務店、塗装店など)
Bリフォーム営業会社

 

数ある業者も、全てこの3種類のどれかになります。
例えば、夫婦だけでやっているような@個人店にリフォームを依頼したとします。
リフォーム費用というのは、そもそも職人の人件費と材料費、その他の諸経費からなりますので、
職人の日当が18000円として、材料代が10000円、諸経費が2000円とすれば、リフォーム費用は30,000円となります。

 

次に、同じ内容の工事をA工事店に頼んだとしましょう。
工事店は個人店と違って会社組織です。
大工工事を専門とする会社は「工務店」で、塗装工事は「塗装店」です。
その規模は様々で、3人でやっているところもあれば、何十人もの従業員を抱えているところもあります。

 

同じ工事をやるわけですあkら、工事にかかる費用は同じです。
しかし、夫婦だけの個人店と違って、会社は事務費や利益を確保しなければいけませんから、
30000円で引き受けてしまっては、利益を出せなくなってしまいます。

 

ですから工事店はこの金額で引き受けることは出来ません。
事務員の経費や会社の利益を上乗せして、15%くらいは高くしなければならないでしょう。
つまり、個人の職人さんに頼めば30000円の工事が、会社組織の工事店に頼むと35000円前後になるということです。

 

さらにこれがBリフォーム営業会社になると、金額はもっと膨らみます。
リフォーム営業会社とは、そもそも営業の会社ですから職人は抱えていません。
リフォーム会社の営業マンが受注してきた工事を、契約する職人や工事店に外注しているのです。

 

営業会社から発注を受けた工事店も利益を確保する、
さらに営業会社も利益を確保しなければいけませんから、
だいたい原価の30〜40%くらいの上乗せになると考えましょう。

 

このようにリフォームの費用は、依頼先によって大きく変わります。
これは「ボッタクリ」と思う方もいるかもしれませんが、店頭に並んでいる商品だって、小売店、卸問屋、メーカーなど様々な業者が間に入っているのと変わりません。
同じ商品でも「どこから買うか」によって値段が大きく違うように、
リフォームも、同じ工事を賢くするには「「どこに依頼するか」が重要なのです。